1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 主な沿革(プラスソーシャルグループ)

History

主な沿革(プラスソーシャルグループ)

2012年4月 社会的投資をデザインする会社として、株式会社PLUS SOCIAL設立・創業
2013年11月 第1号社会的投資案件として、投資家からプロジェクト出資を受けて和歌山県印南町に再生可能エネルギー施設(1850kw)を建設
2014年3月 弊社会長が政府の経済財政諮問会議「選択する未来委員会」において「社会的投資」の促進を提言
2014年10月 少人数私募債による市民出資型プロジェクト「ボタニカルガーデンマンション」始動
2014年10月 グッドデザイン賞(都市づくり、地域づくり、コミュニティづくり部門)受賞
2016年4月 プラスソーシャルインベストメント株式会社設立(旧会社名 プラスソーシャル投信株式会社)
2016年6月 東近江市SIB(CBスタートアップ支援事業)の中間支援組織として採択
2016年 日経新聞・Wedge(ウェッジ)で弊社SIB事業の取組みが先進事例として掲載
2016年12月 資本金を3,000万円に増資
2017年2月 京都信用金庫から職員出向(受入)
2017年4月 弊社会長がG8社会的投資タスクフォース国内諮問会議の委員に選出
2017年8月 第二種金融商品取引業者として登録完了
2017年11月 資本金を5,000万円に増資
2017年12月 京都信用金庫、龍谷大学LORCとの連携協定を締結
2018年6月 資本金を8,000万円に増資
2018年7月 社会的投資プラットフォーム「エントライ」をサービスインし、電子申込型電子募集取扱業務を開始
2019年1月

地域貢献型再エネ事業推進に関する5者連携協定締結
(福知山市、京都北都信用金庫、たんたんエナジー株式会社、弊社)

2019年4月 第一勧業信用組合と社会的投資推進に関する協定を締結
2019年5月

雑誌「経済界」2019年7月号に、弊社と取扱プロジェクト2つが先進事例として掲載

第一勧業信用組合主催「東京ソーシャルビジネス・アクセラレーター」に協力

Contact

お問い合わせ